カテゴリ:浦添大公園南ENT( 6 )
現場報告⑤
浦添大公園南エントランス管理事務所の現場報告です。

6月中旬 棟上げ(1階躯体)の打設を行いました。

コンクリート配合計画は
呼び強度 33、スランプ 12、細骨材率 40.0%
c0194929_18283747.jpg

数量約200㎥あまりある、長期戦です。
朝のラジオ体操
c0194929_18295713.jpg

朝礼で打設順序の説明をしている様子
c0194929_18293555.jpg

その後打設チームごとに集まって職長から注意事項を説明している様子
c0194929_18305373.jpg

スリーブ(設備等が貫通する為の穴)が入っている箇所が分かるように写真を貼てくれていました。
スリーブ箇所は注意して打設が必要です。
c0194929_18303542.jpg

c0194929_18321921.jpg

今回は壁を先行して打ち、
周囲の壁が上がったスラブを1チームが打っていくという手順をとりました。
もう1チームはずっと壁を打っていく(2チームを構成)。
c0194929_18322848.jpg

勾配屋根なので、スラブのレベルの確認も念入りに行っています。
c0194929_1834813.jpg

2mおきに水糸を張ってレベルを決めています。
c0194929_18334155.jpg

スラブ面は足踏みして締め固めます。
c0194929_1835167.jpg

c0194929_18353256.jpg

壁の打設は下で型枠を叩く作業も重要です。
叩きながらコンクリートがきちんと到達しているか確認し、流動を促しています。
c0194929_1836429.jpg

ポンプ車は力のあるドイツ産、イタリア産のポンプ車2台を使用しました。
c0194929_18363035.jpg

一番急勾配な23度ある屋根を左官屋さんが仕上げる様子。
c0194929_18361819.jpg

朝から続いた打設の終盤も
きっちりスラブのレベルを確認しながら
1列になって丁寧に仕上げています。
c0194929_18375793.jpg

予定通りの18時前に打設終了。
c0194929_18381946.jpg



打設人員総勢70名以上!左官屋さんだけで20名!
c0194929_18392541.jpg


スランプ12㎝
打設数量200㎥(ミキサー車約45台分)
最高で高さ6.5mある壁を一発で上まであげる
という誰も経験したことのない難しい打設でしたが
入念な打設計画、
代理人さんのリーダーシップ
各職長さん連携
みなさんの経験と知恵、技術を集結して
『良いコンクリート』を目指して
無事に打設が終了しました。

(haruno)
[PR]
by fivedim | 2013-07-19 18:45 | 浦添大公園南ENT
南エントランスではないですが
6月29日に、東京でJIA全国学生卒業設計コンクール2013が開催されました。
沖縄支部代表として、琉球大学卒業の根間聖君も参加しました。
金賞は東京電機大学の杉山さんが受賞しました。
今年も、建築女子が優勢で、受賞8名のうち6名が女子でした。

審査等の詳細はJIA本部のHPで後日発表されると思います。
c0194929_1645192.jpg

審査委員の面々
c0194929_16454865.jpg

審査委員(野口英世氏)に説明を行う根間くん
c0194929_16471848.jpg

3次審査の様子

とりあえず、ご報告でした。
(makoto)
[PR]
by fivedim | 2013-07-01 16:49 | 浦添大公園南ENT
現場報告④
浦添大公園南エントランス管理事務所の現場報告です。

瓦のおさまりを確認する為のモックアップが完成しました。

スラブ面、パラペットの立上がり、雨樋の溝まで、躯体が正確に再現されています。
これは一番急な部分で、おおよそ23度の勾配があります。
c0194929_1621337.jpg

瓦を載せる木下地もしっかり組まれ、瓦桟と瓦の配置を確認。
c0194929_1610054.jpg

軒先の金物、穴あき瓦、漆喰まで、仕上を確認して
課題も把握できました。すごくイイ感じですよね
c0194929_16102830.jpg



現場は
5月末から型枠の建て込みが始まりました。
建物のお顔の形態とスケールが分かります。高いところで6.5mあります。
c0194929_1614454.jpg

今回、壁の端部補強筋はガス圧接継手だったので、初ガス圧接の立会でした。
c0194929_17132172.jpg

圧接部は超音波探傷試験(超音波のはね返りを専用の機器で確認する)で、
正確に鉄筋が繋げられているかを確かめます。
c0194929_16211185.jpg


壁の配筋の様子。
水平に配筋する為、職人さんは一列になって作業します。
c0194929_16255986.jpg

c0194929_16264749.jpg

現場の外では、スラブの型枠を制作。
単純そうに見えて、複雑な面の形をしているので、
かなり奮闘しているご様子で、頭が下がります。
c0194929_16323619.jpg


6月に入ると、壁の配筋と型枠はほぼ完了。
カーテンウォールを固定する垂れ壁や、梁の部分が製作され始めると
屋根の折れている形が見えてきます。
c0194929_16412728.jpg

c0194929_16414663.jpg

c0194929_1642611.jpg


6月中旬、スラブ型枠の木毛セメント板が設置され
スラブの配筋が始まりました。
c0194929_16455158.jpg


一番急勾配の箇所を配筋している様子。
c0194929_16581514.jpg

沢山の職人さん、
「おね線」の部分が鉄筋の上からでもよく分かります。
c0194929_1659475.jpg


いよいよ次は棟上げの打設です!

(haruno)
[PR]
by fivedim | 2013-06-13 17:15 | 浦添大公園南ENT
現場報告③
浦添大公園南エントランス管理事務所の現場報告です。
5月に入ってすぐ、脱枠した基礎の様子を確認しました。
苦労してもらった打設の甲斐あって、きれいな基礎が出来上がっていました。
c0194929_10461156.jpg

5月中旬、1階床スラブ・土間の配筋状況を確認。翌日打設を行いました。
c0194929_10463175.jpg

今回も固くて粗骨材ゴロゴロのコンクリートを用いました。
c0194929_10464837.jpg

スラブ面は足踏みで、しっかりと踏み固めてもらいました。
c0194929_1047234.jpg

梅雨の天気を心配していましたが、打設中は雨が降ること無く無事に完了できました。
c0194929_10472470.jpg

打設後、圧送ポンプ、コンクリート工、左官工の職長さんを交えて
次回の建物本体(壁、屋根スラブ)の打設に向けた打合せを行いました。
c0194929_10482899.jpg

本体の打設は6月中旬を予定していますが、
これまでの打設よりも一層難しい打設になるので、念入りな打設準備が行われています。

(haruno)
[PR]
by fivedim | 2013-05-29 10:49 | 浦添大公園南ENT
現場報告②
浦添大公園南エントランス管理事務所の
3月以降の現場報告です。

3月は深層地盤改良を行いました。
深層地盤改良工事は基礎が載る地盤を強くする為に
土とセメントを混ぜ合わせて、硬化させる工事です。
今回は直径1mの柱状で117箇所の改良を行いました。
c0194929_10132638.jpg

4月からは基礎工事の為に、まずは根切りが開始されました。
c0194929_10131486.jpg

4月中旬に基礎の配筋を確認
c0194929_10154345.jpg

c0194929_10155861.jpg

4月の終わりに基礎コンクリートを打設しました。
スランプ8センチの固いコンクリート。
初の試みで、細骨材率を下げた、石がゴロゴロした
特別なコンクリートを用いました。
c0194929_10163340.jpg

ポンプ車2台の、打設チーム2チームで丁寧に打設してもらえました。
固いコンクリートを用いた難しい打設でしたが、
沢山の人の手と知恵がかかって、無事に打設を終えることができました。
c0194929_1017539.jpg

c0194929_10182399.jpg


(haruno)
[PR]
by fivedim | 2013-05-20 10:20 | 浦添大公園南ENT
浦添大公園南エントランス管理事務所の現場報告
ブログに『浦添大公園南ENT』というカテゴリーを追加しました。

ここでは、
2011年に沖縄県主催のU40コンペで最優秀賞を頂いた、
浦添大公園南エントランス管理事務所の現場状況を報告させて頂きます。

はじめに、最優秀賞当時のプレゼンシートです。
c0194929_1712264.jpg

c0194929_17122112.jpg

実施設計では、コンペ当時のコンセプトやプランはほとんど崩すことなく、
実現するのに必要な納まりや、不足していた点を補い、
詳細を詰めることができました。

これまでの流れです。

2011年11月に最優秀賞を受賞
2012年8月に実施設計を終えました。
2013年に入ってから現場がスタートしています。



1月中旬、遣り方(建物の位置)を確認
c0194929_1728137.jpg


1月後半、敷地磁器探査(不発弾事故防止)
c0194929_1728042.jpg


2月、磁器探査結果をもとに掘削確認
c0194929_17284123.jpg


長くなりそうなので
3月からの報告はまた次回にすることにします。


コンペ後どうなってるの?っと沢山の方(特に建築同業者)に聞かれます。

今後も沖縄県内でU40コンペのような機会を、継続させて頂けるよう、
責任をもって、しっかりと実現させたいと思っています。
宜しくお願いします。

(haruno)
[PR]
by fivedim | 2013-04-25 17:44 | 浦添大公園南ENT