<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
今どきのオモチャ
最近、『うち菓子』なるものが流行っているようですが、
我が家の小学生の娘も、昨年のクリスマスにプレゼントされた
『こねパン』でせっせとパン作りに挑戦しております。
このコネパン、『おうちにあるオーブンを使って、かんたんに楽しいパンが作れる
ベーカリーキットです♪』のうたい文句通り、レシピ通りの食材をポットにいれ、
ふたをして、ハンドルをクルクルまわすと生地のできあがり、
というなかなかすぐれもののオモチャ。
c0194929_17284768.jpg

娘とアシスタントの息子は、粉を撒き散らかしながら生地を混ぜ、
発酵させ、生地が倍にふくれあがると、それをまた、2人でこねて、のばして、巻いて・・・
カタチがいびつだとか、、大きさが不揃いなんておかまいなし。
どろんこ遊びよろしく、実に楽しそうにパンをコネコネ。
c0194929_1729139.jpg

c0194929_17294556.jpg

再度、発酵させてオーブンで焼くと、ホカホカパンの出来上がり。
c0194929_173058.jpg

これが、柔らかくて、結構美味い!
焼きたてパンをほおばりながら、『自分で作ったパンっておいしい!』と満面の笑顔の二人。
ものづくりの仕事をしている親にとっては、嬉しい、嬉しい一言です。
(mutsumi)
[PR]
by fivedim | 2010-03-30 17:40 | モノ
かってに観光協会ー香川・高松編(その1)
こんにちは。黄砂がやっとこ落ち着いてきましたね。

c0194929_1583033.jpg

年度末のたくさんの閉切りに追われるパタパタした2月に、
空気を読まずに旅に出てきました。
「かえってきたら馬車馬のように働きますからー!」とボスたちにお願いして。。
写真整理をしつつ、少しずつご報告を。

行先は香川県の高松市、離島の直島、犬島へ、食とアートを求めて。
高松、直島は二度目の来訪、犬島は初上陸です。
c0194929_15101834.jpg

1日1便のみの那覇ー高松。市内につくとすっかり夜・・・
初日は高松名物らしい骨付鶏(親鳥・子鳥)を食べに、
「2000円くらいで気軽にやれる店」寄鶏美鶏へ。
カウンターにて、親鶏ビールですっかり高松最高ーと叫びたく。
これさえあれば高松に住める!と思うほど、美味でした。
しめは近所でうどん190円。初日からよく食べる。

c0194929_15184538.jpg

落葉した木々の枝ぶりが、美しい。
いいなー沖縄にはなかなか無い冬の景色。

高松ということで、讃岐うどん。有名ながもううどんへ。涙出る美味しさ。
c0194929_15222290.jpg


谷口吉生さん設計の「東山魁夷せとうち美術館」
すっと建物に向かって延びる長いアプローチ、ピシーっと低めの軒、
ヒーかっこいい、品が良過ぎます。空気の張りつめる建築。
瀬戸内の「青」を背景に、なんとも言えない空気感。
c0194929_15262535.jpg

c0194929_15271957.jpg

カフェスペースを外から。ガラスに映り込む瀬戸大橋。
c0194929_152741100.jpg

c0194929_1528198.jpg

沖縄の海とは全く違った瀬戸内海の青の具合に、すっかり魅了されてしまいました。
穏やかで荘厳な青。

しかし、骨付鶏とうどんと谷口吉生を並べていいのだろうか。
とか思いつつ。
次は面白かった集合住宅2本、大高さんの坂出市人工土地と、丹下さんの県営住宅。
そして恐るべしかっこよさの香川県庁。
写真が多すぎるのでまた今度にでも。

高松面白いじゃないかーと、二度目にしてやっと気付く。
(nakada)
[PR]
by fivedim | 2010-03-25 16:03 | 建築・住まい
恩納村は大学院大学へ
こんにちは、寒いような暖かくなったような・・?
三寒四温を身にしみて痛感しているこの頃です。
春はいつ来ることやら。

春が来たかと思った頃、3月初旬の写真。
街中で咲き乱れていましたね、メイフラワー。
花が散って地面を、薄紫に染める様にうっとりしたものでした。
c0194929_14204851.jpg


少し前の週末、恩納村の大学院大学の見学会へ足を運びました。
講堂でプレゼン+グループごとに練り歩きツアー(設計者の説明付き)と今までに無い見学会。
c0194929_14221599.jpg

外壁は樹皮をイメージした渋い濃茶色のセラミックパネル。
躯体の間に40mmのクリアランスを取って、パネルの隙間から熱を抜いているのだとか。
木々の緑の中に溶け込んでいるような色というお話でした。
上手いこと調和していたのか、最初は完全に見逃して迷子に。

入り口は長い長いトンネル、圧巻の土木工事なエレベーターシャフト、、!
なんと写真はありません。

最近写真を撮って記録することに意識がいきすぎて、
あれいまいち記憶に無いなんてことが多かったので、存分に空間を味わってきました。
という言い訳で、お許しを。
c0194929_14541186.jpg

研究ゾーン以外は、比較的暗めに落とした照明、
落ちついたオレンジ色、黄色、渋い緑、茶色、紫の内壁、
カラーコンクリートの色むらな床、
c0194929_14222327.jpg

小口が可愛い、竹の練付材と集成材。黒い金物。
c0194929_1450218.jpg

外壁の茶色、山の濃い緑。
c0194929_14224178.jpg

ここで、どんな研究が始まるのか、わくわくしてきました。
それは入り口のトンネルでどんな研究をしているのか、分かる仕掛けになってるそうです。

見学会は今までで最長の14:00-17:00ガッツリ説明コース。
最後は皆くたくたなせいか、質疑0で異例の終わり方をしました。
関係者の皆様方、素敵な見学会おつかれさまでした。
いいもの見せてもらいました。

帰りに寄ったおんな村道の駅にて。
c0194929_14562437.jpg


(nakada)
[PR]
by fivedim | 2010-03-18 15:00 | 建築・住まい
お目見えしました
いつの間にか、3月にはいちゃいましたね。
お天気も小春日和。
ここのところ、バタバタと嵐のような慌ただしさでしたが、
やっと落ち着いてきました。

だいぶ前になっちゃいましたが、1月末ZK Proj、上棟しました。
曇り空ではありましたが、朝からいい調子で打設は進行。
c0194929_17244183.jpg

c0194929_1725571.jpg

打設終盤にさしかかったところで、雨が降ってきてしまい、
ビニールシートで現場を被って続行。
c0194929_1725283.jpg

無事、打設完了しました。

恒例の図面の製本贈呈も雨のなか、傘をさして行いました。
c0194929_1726663.jpg

その後、お施主さんからお茶と牛汁をいただき、
あったか〜いお茶に、ホ〜ッと一息。

丁寧に手入れされた母屋のお庭を眺めながら、縁側であつあつの牛汁に舌鼓、
なんとも、贅沢なひとときでした。
ごちそうさまでした。
c0194929_17263486.jpg

c0194929_17265918.jpg

(晴れた日のお庭は、こんなかんじ。紅茶の似合いそうな素敵なお庭なのです)

打設後は、建物全体をビニールで被い、コンクリートが乾かないように散水を欠かさず、
じっくりとコンクリートが固まるのを待つ事、4週間。
c0194929_17275016.jpg

先日、型枠の解体が行われ、建物躯体がついにお目見えしました。
c0194929_17281248.jpg

型枠の解体後、ドキドキしながら、躯体の状況を確認。
終盤、雨が降ったこともあって、うまくいったかどうか気になっていたのですが、
ピンホールや表面の荒れがところどころに見えるものの、
角がきちっとでていて、ピシッとした印象です。
ひとまず、ホッです。
(mutsumi)
[PR]
by fivedim | 2010-03-06 17:44 | Proj-ZK(2010)
引渡後
こんにちは、春ですねー。

c0194929_13132259.jpg

撮影をするため、先月引き渡しを終えたproj-GMへ久しぶりに伺いました。
まだまだ引越中のようですが、
リュウノヒゲだけ植えられていた駐車場の溝には、お花がちょこちょこと植えられて少し華やかに。鉢ものも運び込まれ日光浴していました。

門柱の上には、シーサーが置かれていたりと、
少しずつ家らしくなっていっていました。
c0194929_13253061.jpg


先日伺ったTKN-proj(親生日記参照)でも、
住み始めてからの家の様子を拝見させてもらいました。
人が住み始めた家は、何もないがらんどうの家より、人の気配や家具、植物、
色んなバランスで雰囲気がガラリと変わって、見てて楽しいものです。
ビュッフェ越しのコート風景。なかなか無い絵面。
c0194929_13263096.jpg

何より美味しいご飯ごちそうさまでした・・・ですけど。
c0194929_13275089.jpg


話戻ってproj-GM。
また造園が終わって天気の良い頃、訪れたいな。
緑が入るとまた落ち着いて良さそう。
玄関前のシンボルツリーが気になるところです。
何になるかしらん。

Gさん、朝っぱらから撮影にご協力くださってありがとうございました。
(nakada)
[PR]
by fivedim | 2010-03-02 13:30 | Proj-GM(2010)