人気ブログランキング | 話題のタグを見る
琉大にいきました
昨日、琉球大学の2年,3年次の設計課題の合同発表会に、ゲスト講評者として、参加してきました。
琉大にいきました_c0194929_23381558.jpg

非常勤講師や講評者として学生と接するということは、私たちの持っている技術や知識を教授するという使命感みたいな物もありますが、実はある事を楽しみにして、学生と接しているというのが本当のところです。

それは、学生が出す(考える)アイディアの中で、極々たまに、キラリと光る面白い物に出会える事があるからです。そういうアイディアは、私たち経験者にある知識が邪魔をしない、ピュアな思考から生まれるものです。またそのアイディアの面白さに、当の学生はあまり気がついていなかったりする事が、楽しさを倍増させます。

今回の発表会でもキラリがありました。
商業施設で手や目ではなく、裸足で素材の違い、感覚を楽しむというアイディア。集合住宅の部屋をあえて狭い間隔で対面させるという、一件無茶なアイディアなど。常識的には問題山積なんですが、その場所での居心地のあり方や、携帯世代の新しい近隣関係の考え方なのかと、こっちが勝手に想像して楽しんでいました。

これからもこういうキラリを楽しみにしています。

(makoto)
by fivedim | 2009-02-14 23:40 | 建築・住まい
<< 教科書作成 喜びはホルモンと一緒に >>