現場から
先月末に1階部分の打設を終えたProj-ym。
脱型後の確認と鉄筋ガス圧接部分に接続の不良が無いか超音波探傷試験の立会いに。
まずは下から。
c0194929_1995552.jpg

しっかり詰まったコンクリート壁の、いぶし銀のような鈍い光沢からは安心感が漂うふわり。
いや、がっつり、か。
これも気合いの入った打設を取り仕切った現場監督さんの賜物。
次回もよろしくお願いします。
c0194929_19124764.jpg

室内は今のところこんな感じです。雑然と、でも着実に。強度の出現を待ちます。
c0194929_19171127.jpg

働く漢たち。たくましい。頼もしい。
c0194929_19204648.jpg

上部に上がって、圧接部分を目視で確認。
c0194929_19212428.jpg

専用のノギス(正式名称不明)でも確認。
c0194929_19223155.jpg

人体へのエコーと同様、グリセリン水溶液を塗ってあげまして
c0194929_19233753.jpg

地味な検査ですが重要です。
c0194929_1924209.jpg

はい、OK。何とも簡素な。

最近は圧接機器の性能向上も目覚ましく、ほとんどNGは出ないとのこと。
いろんな技術が社会の安全を支えているのですね。
すべてのエンジニアの皆さま、お疲れさまです。

(chikao)
[PR]
by fivedim | 2010-04-06 19:35 | Proj-ym(2010)
<< 光を通して 今どきのオモチャ >>