TARO展
前々から『観に行きたい!』『観に行きたい!』と言い続けていた
岡本太郎展、最終日に雨の降るなか、観に行きました。
c0194929_16395025.jpg

展示室に向かう廊下に書かれた太郎の言葉を読む段階から、もう、ワクワク、ワクワク。

軽い足取りで、展示室に入ると、作品がバーンと目に飛び込んでくる。
赤と黒が深く、重い。
ずしっとくる迫力を感じながらも、じっくり鑑賞していると、
年長の息子が展示にくるりと背を向け、
『ここの絵、こわ~い。こわくて見れな〜い』と一言。
子供は、感性で何かを感じるのでしょうか?
『太郎展、観に行こうねぇ〜』と楽しみにしていたのに・・・

『早く出ようよ』という息子を何とかなだめて、どうにか最後まで鑑賞。
残念ながら、楽しみにしていた森の掟と重工業は、展示されてなかったので、
観れなかったのですが、やっぱり、観に行ってよかった!

ビデオ上映も行っていて、太郎が太陽の塔を製作する様子を上映してましたが、
作業着着て、製作の先頭に立って、生き生きと動き回っている姿が、とてもよかったです。

いい刺激になりました。
また、何か観にいきたいなぁ。
(mutsumi)
[PR]
by fivedim | 2011-06-29 16:47 | 雑記
<< 夏の夕暮れ 高速道路 >>