人気ブログランキング | 話題のタグを見る
基礎打設
こんにちは、冷え込んできましたね。

今日は、浦添市で建設中のプロジェクトのご紹介です。

駐車場屋根からアプローチ、玄関前、リビング前のデッキスペース、裏庭、
ダイニング前のデッキスペースまでぐるりと庇が連続した平屋の住宅です。

基礎打設_c0194929_16552287.jpg
ゆったりした敷地の建物周囲に庭をつくり、外部でもお茶したり、作業し
たりと内外で涼風を感じながら過ごせるように計画しました。

そのProj NKO、先週央に基礎の配筋検査を行い、
基礎打設_c0194929_16573753.jpg
週末にコンクリート打設を行いました。
基礎打設_c0194929_16580047.jpg
基礎打設_c0194929_16581845.jpg



朝から打設開始、14時過ぎに終了、夜からは降雨。
打設後のコンクリートにとっては恵の雨となりました。
(mutsumi)


# by fivedim | 2021-11-29 17:02 | 建築・住まい
地鎮祭 in 古都
昨日、『緑に囲まれた住まい』こと、Proj NSOの地鎮祭がありました。
心配していた降雨もなく、時間通りに儀式開始。
今回は、珍しくお坊さんによる安全祈願でした。

地鎮祭 in 古都_c0194929_16512026.jpg

地鎮祭が始まると、いよいよ工事開始だ!と背筋がピンとなります。

コロナ禍が落ち着きを見せつつあるものの、まだ大勢で食事を囲むのは
時期尚早という事で、直会はありませんでしたが、素敵なお土産をいた
だきました。
地鎮祭 in 古都_c0194929_16520370.jpg

クリスマスを飛び越えて、お正月のようなお弁当や紅白煎餅、紅茶等で
す。

地鎮祭 in 古都_c0194929_16522545.jpg
紅白煎餅に添えられたお施主さんお手製の懐紙と水引に気持ちがほっこ
りです。

美味しくいただきました。
NSOさん、ありがとうございました。
(mutsumi)


# by fivedim | 2021-11-15 17:11 | Proj-NSO(2020)
街中の小住宅
新規プロジェクトの紹介です。
街中に立つ夫婦のための小住宅です。
建物は間口約6m奥行き約5mのとてもコンパクトな二階建ての住宅です。
街中の小住宅_c0194929_14231264.jpg
街中の小住宅_c0194929_14225883.jpg

街中でも涼しく住めるようできるだけ開放的にしながらも、外からの視線を
コントロールしました。
街中の小住宅_c0194929_14225858.jpg
街中の小住宅_c0194929_14225950.jpg

内部はサイズを感じさせないダイナミックな空間としています。

(makoto)

# by fivedim | 2021-10-04 14:24 | Proj-TK(2020)
秋の味覚
こんにちは。明日から10月だというのに、まだまだ暑い日が
続いてますね。
真夏のような青空、白い雲、強い日差し、濃い影。


秋の味覚_c0194929_11395375.jpg
秋はいずこへと思っていたら、県外に住む友人達から秋の味覚
が届きました。茨城の梨に長野のぶどうです。
秋の味覚_c0194929_11401765.jpg
どちらも瑞々しくて、甘くて、爽やか気分になります。
『食欲の秋』到来です。
(mutsumi)

# by fivedim | 2021-09-30 11:45 |
緑に囲まれた住まい
こんにちは。年明けから、バタバタと慌ただしい日々を送っている間に
時は過ぎ、気がつくと、季節は秋。でも、まだ残暑厳しい日々が続いて
ますね。
今日は、ちょっと涼しげなプロジェクトのご紹介です。
古都に建つ予定の『緑に囲まれた住まい』です。

前面道路沿いに前庭、玄関までのアプローチに西日と道路からの視線を
遮る西庭、建物に囲まれた中庭、敷地北側に裏庭、2階リビングに隣接
した屋上庭園、光庭、屋上テラスといろんな場所から緑や光、風や影を
楽しめるように外部空間を配置しました。

建物内部も静かにくつろぐリビング、アクティブに過ごすDK、籠って過
ごす和室等を分散配置し、部屋から部屋へ移動しながらも緑や太陽の明
るさを感じられるような計画です。
緑に囲まれた住まい_c0194929_15544141.jpg
緑に囲まれた住まい_c0194929_15545379.jpg
緑に囲まれた住まい_c0194929_15550548.jpg



DKや屋上テラスからは、ゆいレールの走行を眺めることができそうで、
楽しみです。(mutsmumi)

# by fivedim | 2021-09-06 16:00 | Proj-NSO(2020)